安江 英行(外国法事務弁護士)

TOPICS

2015/7/30
安江英行外国法事務弁護士が、2015年7月30日午前10時より、日本コーポレートガバナンス・ネットワーク主催で「日英米中のコーポレートガバナンス」と題するセミナー(http://www.cg-net.jp/event/seminar20150730.html)を行います。

京都大学法学部卒
米国ワシントン大学LL.M.
1991年6月 米国ニューヨーク州弁護士登録
2001年7月 英国(イングランド及びウェールズ)弁護士(Solicitor)登録
2014年1月 外国法事務弁護士登録(第二東京弁護士会)

所属

第二東京弁護士会

取扱業務

一般企業法務、英文契約作成、海外案件の法律相談

著書

「日本版コーポレートガバナンス・コードとリスクマネジメント」
(『国際商事法務』 2015年2月)
「英国Bribery Act 2010およびその関連法に関する最新状況」
(『国際商事法務』 2014年12月および2015年1月)
「Interview、内部統制の三本柱」(『Business Law Journal』 2014年10月)
「取締役及び監査役らの責任に関する日本、米国、英国の比較検証」
(『国際商事法務』 2012年11月)
「事例でわかる国際企業法務入門」(『中央経済社』 2012年3月)
「日本のコーポレートガバナンスの行く着く先」(『企業会計』 2011年1月)
「リーマンショック後の米国の金融規制」(『月刊監査役』 2011年1月)
「リーマンブラザースのコーポレートガバナンス」
(『月刊監査役』 2010年9月)
「日米英のコーポレートガバナンスの状況と比較分析(上・下)」
(『旬刊商事法務』 2010年7月)
「国際会計基準の企業法務に与える影響(上・中・下)」(座談会)
(『旬刊商事法務』 2010年1月・2月)
「監査役設置会社と委員会設置会社の比較および問題点の分析」
(『旬刊商事法務』 2009年10月)
「アメリカ動産担保法の実務」シリーズ(翻訳)
(『国際商事法務』 1993ー1994年)ほか

職歴

1973年4月 丸紅(株)入社
1987年4月 丸紅米国会社(ニューヨーク)赴任
1992年4月 丸紅(株)国際法務第一室長
1996年4月 丸紅英国会社(ロンドン)赴任
2001年4月 丸紅(株)法務部長
2005年4月 丸紅(株)執行役員
2007年4月 丸紅(株)常務執行役員
2008年6月 丸紅(株)代表取締役常務執行役員
2009年6月 丸紅(株)監査役(2013年退任)
2012年10月 デクセリアルズ(株)社外取締役(2015年退任)
2015年6月 タツタ電線(株)社外取締役
2017年3月 コクヨ(株)社外監査役

以前のTOPICS

2015/2/15
安江英行外国法事務弁護士が執筆した「日本版コーポレートガバナンス・コードとリスクマネジメント~英国および米国の状況との比較分析~」が、『国際商事法務2015年2月号』(2015年2月15日発行)(国際商事法務研究所)に掲載されました。

2015/1/15
安江英行外国法事務弁護士が執筆した「英国Bribery Act 2010およびその関連法に関する最新状況」が、『国際商事法務2014年12月号』(2014年12月15日発行)及び『国際商事法務2015年1月号』(2015年1月15日発行)(国際商事法務研究所)に掲載されました。

2014/1/27
元丸紅株式会社代表取締役常務執行役員で元法務部長の安江英行外国法事務弁護士が当事務所のメンバーに加わりました。